カテゴリ
このサイトについて
コンテンツ
- 社会はどこに向かう?
- 日常を振り返ると?
- 仕組みを知ると面白い!
- 閑話休題
- グルメ
以前の記事
ハイテク盗作とハイテク検知
あれは3年前だったか、
高校生だった妹の読書感想文を手伝ったことがあった。
締め切りが近いと泣きついてくるので、
仕方なく、力になることにしたのだ。

「坊ちゃん」か何か、有名な本がテーマだった。
試しに検索エンジンで探すと、
出るわ出るわ、たくさんの感想文の「素材」があった。
適当に切り貼りして、全体を見直して、
それらしく仕上げてあげた。
ものの30分で、それなりの感想文になった。

自分が学生の時は、まだインターネットが普及していなかった。
最近の学生はラクだね、と羨ましく思った。
今では、さらに学生側の盗作環境が整備され、
多種多様なレポートや卒業論文がインターネットで普通に販売されている。
「データベース」などと称しているが、盗作用であることは明白だ。
そして、レポートを審査する側にとっては、
インターネット情報や論文データベース等の
膨大な情報にあたって盗作の有無を調べることは困難だった。

ところが、形勢逆転の動きが出てきた。
盗作を自動的に判定する検知ツールが出てきたのだ。
学生のレポートを送信すれば、
それが盗作の可能性があるかどうか、
可能性があるとすれば、どういった文章を引用しているのかを
レポートしてくれるらしい。
実際に、ツールで盗作がばれて退学となった高校生もでている。

このハイテク検知ツール。
現在は、アメリカで有料サービスが存在するようだが、
そのうち日本語版も登場し、ゆくゆくは無料化されるかもしれない。
これからレポートを書くにあたっては、
後々で恥ずかしい事態とならないよう、
引用には気をつけたほうがよいだろう。

<参考>

「期末レポートのデジタル・カンニング攻防戦」
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/3495.html

「盗作検知ツール」
http://www.plagiarism.org/
[PR]
by hasekazu_smile | 2005-05-25 21:57 | - 社会はどこに向かう?
三軒茶屋に隠れ家イタリアン 「... >>
ブログトップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
egohup euziw
from ju aalisaxr
ga giegin
from mairulof weuna
twctftj
from twctftj
liljtay
from liljtay
wbesxur
from wbesxur
lgzoqsf
from lgzoqsf
kljszoq
from kljszoq
円周率(Keyword ..
from キーワードサーチ
今までで一番美しい英文を..
from 木イチゴプリンな日々
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧